人と地球にやさしいゼロエネルギー住宅ZEHのまとめサイト

省エネ

ZEH住宅に欠かせない、省エネ効果の高い設備について解説しています。

ZEH住宅に採用されている省エネ効果の高い設備

省エネを実現するためには、エネルギーを無駄に使わないこと。そのためには、エネルギーの消費量が少ない設備が必要になってきます。ゼロ・エネルギー住宅であるZEHでも、省エネ効果の高い設備は欠かせません。ここでは、省エネルギー効果の高い設備をピックアップして紹介しています。

空調

一般的な住宅で、夏や冬に電気代が高くなるのは、エアコンを使う頻度が多くなるからです。エアコンを使うと、電気代が一気に上がります。それほど、エアコンはエネルギーを使っているということになります。エアコンの省エネというと、夏なら設定温度を高めに、冬なら低めにするという方法が一般的ですが、省エネだけに注目していると、室内の快適さは損なわれてしまいます。

そこで、ZEH住宅では、室内の快適性をキープしつつ、省エネ効果のある空調システムというものを提案しています。たとえば、1階と2階、それぞれ別々の温度設定や風量変更をすることができる全館空調システムなら、エネルギーの無駄を抑えつつ、効率的にエアコンを使用することができます。

また、24時間、家の中の空気を循環させてくれる独自の換気システムなどを利用することで、より快適な空間をつくることができます。

照明

省エネ効果の高い照明といえばLED照明です。LED照明は白熱電球と比べて、商品自体の金額は高いのですが、電気代を大幅にカットすることができます。白熱電球とLED照明を比較すると、電気代は10年間で10倍もの違いが出るといわれています。

また、LED照明は8~10年と寿命が長いため、一度取り替えれば、10年前後は交換不要。LED照明は高価だと思っても、白熱電球を10年の間に何度も交換することを考えると、けして高い買い物ではありません。

給湯器

給湯器を高効率のものに交換すると、年間で5万円もの電気代の節約ができることがあるといわれています。

大気中の熱を取り込み、圧縮することで高温にして、その熱を水に伝えてお湯を沸かす「エコキュート」や、いままで捨てられていた排気熱を利用し、少ないガスの量で効率よくお湯を沸かす「エコジョーズ」などが有名です。

今回取材をしたサカエ建設の省エネを詳しくみる

【免責事項】
このサイトは2016年8月の情報をもとに個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。