人と地球にやさしいゼロエネルギー住宅ZEHのまとめサイト

ZEHの体験談2

実際に、ZEH(ネットゼロエネルギー住宅)で生活している人の体験談を紹介します。

光熱費がプラスに!快適なネットゼロエネルギー住宅

ネットゼロエネルギー住宅にしてから、電力会社から電気を買った金額は年間で約93,000円、電力会社に電気を売った金額は年間で約234,000円、光熱費は月々約11,000円のプラス収支になりました。消費電力量も、同じネットゼロエネルギー住宅の平均値よりも少ないそうです。

これはきっと、冷暖房の使い方がよかったのではないかと思っています。我が家では、冬は朝6時に暖房がタイマーで入るようになっています。8時までに家事を終わらせて、タイマーをオフにします。冬でも、晴れている日であれば窓から陽射しがたっぷり入るので、暖房なしでも十分暖かいです。

子どもがまだ小さいので、日中は外出していることが多いです。夕方帰宅してから、暖房を入れて、21時くらいまでつけています。

仕事先から電気の使用量をチェックすることも

スマホで電気の使用量などもチェックできるので、夫も仕事先からよくチェックしているみたいです。電気の使用量をチェックすることで、私たちの様子がわかるのだとか(笑)。

電気の発電量や使用量などのデータを分析した結果、我が家では夏場の消費電力が抑えられているようです。これは、我が家が、風通しのいい立地にあり、冷房を使用することがあまりないことが影響しているのかもしれません。

冬は、寝室で暖房や空気清浄器、加湿器などを使用しているため、寝室の消費電力量は増えたのですが、大容量ソーラーを搭載しているおかげか、快適に過ごすことができています。よそのお宅にお邪魔すると、いかに我が家が暖かくて快適かということがわかります。

花粉症の症状にも変化が

また、夫が花粉症なのですが、このゼロエネルギー住宅にしてから、家の中では花粉症が楽になったと感じているようです。換気システムの高性能フィルターが、花粉をしっかり防いでくれているからではないでしょうか。

太陽光発電にする際、屋根に載せられるだけ載せたのですが、予想していた以上に売電が多く、入居前シミュレーションしていた数値を上回っています。快適に暮らせることができる上、光熱費もプラスにすることができ、たいへん満足しています。

今回取材をしたサカエ建設のZEHを詳しく

【免責事項】
このサイトは2016年8月の情報をもとに個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。