人と地球にやさしいゼロエネルギー住宅ZEHのまとめサイト

HOME » ゼロエネルギー住宅での暮らしの事例

ゼロエネルギー住宅での暮らしの事例

ゼロエネルギー住宅に暮らす人たちの体験談を紹介しています。どのような暮らしをしているのか、ぜひチェックしてください。

ゼロエネルギー住宅の暮らしの例をチェック

【体験談1】子どもたちにエネルギーの大切さを知ってほしい

まずは、お子さまの小学校入学を機に、新築のZEH住宅を購入した方の事例。ご主人が省エネ関連の会社に勤めていたこともあって、創エネに興味を持っていたとのこと。子どもたちにもエネルギーの大切さを知ってほしいと、太陽光発電を導入しました。

吹き抜けがあって、エアコンの効きがよくなり、冷暖房の使用時間が以前よりもかなり少なくなったのだとか。太陽光発電で創った電気を売ることで、光熱費はプラスに。吹き抜けのおかげで家の中も明るく、電気をつけている時間が少ないせいか、電気の使用量自体も少なくなったそうです。

体験談1を詳しく見る

【体験談2】夏場の消費電力が抑えられるように

2例目は、ゼロエネルギー住宅にすることで、月々の光熱費がプラスになったお宅。冷暖房の使い方を工夫することで、消費電力量を一般的なZEH住宅の平均値よりも少なくすることができました。風通しのいい立地に住宅があるせいか、とくに夏場の消費電力が抑えられているようです。

断熱性も高く、よそのお宅にお邪魔すると、ご自身の家がいかに暖かくて快適かということを実感するのだとか。また、ZEHにしてから、ご主人の花粉症の症状がよくなったそう。換気システムの高性能フィルタが花粉を防いでくれているおかげだと考えられます。

体験談2を詳しく見る

【体験談3】年間30万円の売電が可能に

3例目は、築30年の住宅をネットゼロエネルギー住宅に建て替えたお宅。ZEHにすることで、消費電力よりも発電電力のほうが多くなったそうです。太陽光パネルを大容量にした結果、発電量が増え、予想を超える売電量があったのだとか。

その売電金額は年間30万円。電力会社から電気を買うお金を差し引いても、年間18万円の収入が得られるようになったそうです。ネットゼロエネルギー住宅にした多くのご家庭で、消費電力量が減ったり、月々の光熱費が安くなったり、売電によって収入を得ることができたそうです。

体験談3を詳しく見る

これから、ネットゼロエネルギー住宅を購入しようと考えている人や、自宅をZEHに改修しようと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【免責事項】
このサイトは2016年8月の情報をもとに個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。