人と地球にやさしいゼロエネルギー住宅ZEHのまとめサイト

HOME » 3分でわかるZEHの概要【基礎知識編】 » ZEHの6つのメリット

ZEHの6つのメリット

さまざまなメリットが得られるZEH住宅。ここでは、その代表的なものについて詳しく解説していきます。

ZEH住宅で得られるメリットとは

家計にやさしい

ZEHの住宅は省エネが基本です。気密性&断熱性が高いので、省エネ効果が高い上、太陽光発電で電力を創りだすことができます。創った太陽光電力は、自宅で消費し、余ったら「余剰電力」として、電力会社に売ることができます。

現在、太陽光電力は高く売ることができるので、光熱費を0円にするだけでなく、余剰電力で利益が出ることもあります。けれども、将来的に売る電気の価格が下がることも予想されます。その場合でも、ZEHの住宅は、消費エネルギー自体を低く抑えることができるので、将来の光熱費の心配もありません

環境にやさしい

太陽光発電を離床し、消費エネルギーを削減することで、石油や天然ガス、石炭などの燃料の消費を減らしたり、CO2を削減したり、地球温暖化を防止するなど、地球環境にも貢献することができます。

健康改善効果が期待できる

高断熱の住宅に住むと、さまざまな健康改善効果が出るということが、科学的にも証明されています。具体的には、喘息や喉の痛み、咳、肌のかゆみ、目のかゆみ、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、手足の冷えなどの症状が、高断熱住宅によって改善されたという研究結果がでています。

また、温かい部屋からトイレや浴室などに移動した際の、急激な温度差によって心筋梗塞や脳梗塞、脳出血などを起こす原因となる「ヒートショック」も、高断熱住宅に住むことで、そのリスクを下げることができるといわれています。

将来の資産価値が高くなる

10年後、20年後を見据えて作られるZEH住宅。国も、戸建て住宅の査定方法の改定を推進しているため、将来的に買い替えたり売却したりするときにも、築年数よりも住宅の質の高さが重視されるようになります。

つまり、将来的にはZEHに対応していない築浅の物件よりも、ZEHに対応している築年数の経った物件のほうが高く売れるということになるのです。

防災・減災性能が高い

地震などの災害が起こると、エネルギーの供給力不足に陥ります。そのような場合でも、家庭でエネルギーを創ることができれば、必要なエネルギーをまかなうことができます。

補助金がもらえる

ZEH住宅としての条件を満たしていれば、ZEHの新築建売住宅を購入したり、ZEHに改修する際に、定額125万円の補助金を受けることができます。補助金を受けるための条件については、別途、詳しく解説しています。

【免責事項】
このサイトは2016年8月の情報をもとに個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。