人と地球にやさしいゼロエネルギー住宅ZEHのまとめサイト

HOME » 3分でわかるZEHの概要【基礎知識編】 » 補助金が交付されるって本当?

補助金が交付されるって本当?

ZEH住宅を購入したり、改修したりすると補助金を受けられる場合があります。補助金の額や受けるために必要な条件などについてまとめています。

補助金を受けるためのZEH住宅の条件

ZEH住宅を購入したり、改修したりすると、最高で125万円の補助金を受けることができます。さらに、蓄電池を設置すると、1kWあたり5万円(蓄電システムの価格の3分の1、または上限50万円の、どちらか低い金額)をもらうことができます。

ZEH住宅を検討している人にはうれしい制度ですが、この補助金を受けるためには、いくつかの条件を満たさなければなりません。まずは、その住宅が補助対応となる住宅であること。具体的には以下のとおりです。

  • 申請者が常時居住する住宅であること
  • 専門住宅であること
    ※一部に店舗などの非住居部分がある場合には、住居部分と非住居部分が断熱区画され、それぞれのエネルギーの使用量を個別に計測することができれば、住居部分のみを申請することが可能
  • すでに建てられている住宅の場合は、申請時に申請者自身が所有していること
  • 新築住宅の場合は、申請者が住宅の購入予定者であること
  • 集合住宅・賃貸住宅は、所有者が居住する自宅のみ可能

SII認定のZEH仕様とは

補助金を受けるためには、SIIが認定するZEH仕様になっていることも必要です。SIIとは、一般社団法人環境共創イニシアチブ(Sustainable open Innovation Initiative)のこと。SIIは、環境やエネルギー制約、経済的社会的環境の変化によって起こる課題の解決のため、オープン・イノベーションなどによって技術革新と市場創出を実現するために事業を行っている団体です。SIIが認定する住宅とは、以下の要件をすべて満たす住宅のことです。

  • ZEHロードマップの「ZEHの定義」を満たしていること
  • SIIに登録されたZEHビルダーが設計、建築、販売している住宅であること
  • 導入設備が要件を満たすものであること
  • 要件を満たすエネルギー計測装置を導入すること
  • 既築住宅の場合は断熱改修を含み、原則として導入設備は新たに導入すること

これらの要件を満たす住宅であれば、補助金の申請をすることができます。

知っておくべきZEH住宅の定義

「ZEHの定義」とは、具体的に以下の4項目をさしますので、ZEH住宅を目指す方は、ぜひチェックしてくださいね。

  1. 住宅の外皮性能が、地域区分で定められた強化外皮基準(UA値)以上
  2. 設計一次エネルギー消費量が、基準一次エネルギー消費量から20%以上削減されている(再生可能エネルギーを除く)
  3. 太陽光発電システムなど、再生可能エネルギーシステムを導入する(既築住宅の場合は、既築の太陽光発電システムでも可)
  4. 設計一次エネルギー消費量が、再生可能エネルギーを加え、基準一次エネルギー消費量から100%以上削減されている

【免責事項】
このサイトは2016年8月の情報をもとに個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。