人と地球にやさしいゼロエネルギー住宅ZEHのまとめサイト

HOME » 3分でわかるZEHの概要【基礎知識編】 » 電気代はどれくらい違う?

電気代はどれくらい違う?

ZEH住宅の特徴のひとつに、電気代の安さが挙げられます。実際に一般的な住宅とどれくらい違うのでしょうか。電気代の違いを比較してみました。

ZEH住宅の電気代はどれくらい安いのか?

省エネルギーの家といわれるZEH住宅ですが、一般的な住宅と比べて電気代はどれくらい違うのでしょうか?一般住宅からZEH住宅に建て替えた場合の電気代の変化を例に挙げてみようと思います。

ZEH住宅の電気代 一般的な住宅の電気代
2月 11,025円 16,486円
3月 8,594円 12,860円
4月 7,692円 12,694円
5月 9,573円 9,913円
6月 4,942円 14,135円
7月 5,027円 25,486円
8月 5,510円 25,689円
9月 4,643円 17,332円
10月 4,513円 10,830円
11月 4,946円 15,872円
12月 5,210円 26,632円
1月 7,765円 18,066円
2月 7,530円 12,807円

ZEH住宅の場合は、オール電化の家が多いため、ガス代はかかりません。これに対し、一般的な住宅の場合、電気代にガス代が加わりますから、この金額に4,000~8,000円ほどプラスされた金額が必要になります。そうなると、一般的な住宅と比べてZEHの電気代は、およそ3分の1程度に抑えることができると考えられます。

一般的に、エアコンの使用頻度が高い夏や冬は電気代が高くなる傾向にありますが、この表を見てみると、ZEHの場合、夏でも冬でも飛びぬけて電気代が高くなるということはありません。

ZEHにすると電気代が安くなる理由

では、なぜZEH住宅では電気代を抑えることができるのでしょうか?ZEHは、気密性・断熱性が高いため、エアコンの効きもよく、夏涼しく冬暖かい室内環境を作りだしてくれます。さらに、太陽光発電などで自家発電できるので、消費エネルギーを抑えることができます。

ZEH住宅では、太陽光発電などで自家発電した分の発電量や、電気の使用量が見えるようになっています。そのため、毎日どれくらいの電気を使っているのかを知ることができます。不思議なもので、毎日、どれくらいの電気を使っているのかがわかると、自然と、使う電気の量も意識するようになっていきます。すると、次第に電気の使用量も減っていくようです。

ZEH住宅にした人の中には、積極的に節電しようと思っているわけではなくても、自然となるべく電気を使わないように節約するようになったという人が多いのです。

【免責事項】
このサイトは2016年8月の情報をもとに個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。